コンタクトレンズの危険性について

コンタクトレンズで失明する人が増えている

日本における眼に対する環境というのは必ずしも良い物とは言えません。大人であれば、仕事でパソコンを長時間使ったりしますよね。子供のおいてもゲームなどを長時間やる事によって眼には良くない環境が溢れています。そういった習慣を長く続ける事によって次第に視力が低下してきてしまいます。視力が低下してしまった場合にはメガネを付けるかコンタクトレンズを付けるか、または今ではレーシックを受けるなどと言った選択肢があります。レーシックはお金もかかるという点から施術をした人というのは、メガネやコンタクトレンズに比べると少ないかと思います。一般的にはメガネ又はコンタクトレンズという選択肢になるでしょう。ちなみに私はメガネを着用しています。

コンタクトレンズを使用するという選択

コンタクトレンズはメガネに比べると色々と利点がある為に使用を選択する人が多いです。まずは、メガネに比べると視界が広いという事。メガネはレンズの部分のみですが、直接眼球に乗せるコンタクトレンズではその制限はありません。次に見た目が変わらないです。メガネは似合う似合わないという問題があり、それによってメガネの着用を拒む人も居ます。他にも様々な利点がコンタクトレンズにありますが、その反面コンタクトレンズによる問題というのもあります。

コンタクトレンズを使用する事によって失明に至る

視力を矯正する道具で失明するというのは少し信じられない話かと思いますが、コンタクトレンズにも色々な種類があり、正しい使用方法を守らないといけない物がほとんどです。メガネに比べて直接眼球に乗せる為、これらの事を守らなければ、最悪失明に至ってしまいます。また最近ではオシャレの為にカラーコンタクトを付ける事がありますが、そのカラーコンタクトによるトラブルも多発しているのが現状です。

正しい使い方・きちんとしたものを使う

そういった事が無い様にする為には、きちんと承認を受けた物を使う事や正しい期限や消毒をしながら使う事がとても大事になります。

眼内コンタクトレンズという選択

眼内コンタクトレンズとも言われているフェイキックIOLという選択をするのもありです。失明の確率は一般的なコンタクトレンズよりも低いです。フェイキックIOLについは以下のサイトを参照ください。

フェイキックIOLまるわかり - 費用、安全性、失敗例など